保育士になるなら専門学校へ

subpage1

保育士資格を取得するためには、勉強をして国家試験に合格するか、厚生労働省が認定する養成学校を卒業するかのどちらかの道があります。

保育士の専門学校の価値ある情報を探してみてください。

厚生労働省が認定している指定保育士養成学校には専門学校と4年生大学の2種類あり、特徴としてはどちらも在学中に指定された科目を履修してすべての単位を修得することで国家試験を受けなくても卒業と同時に資格が取得できるという点があげられます。

さらに専門学校を卒業することで保育士資格と同時に幼稚園教諭の2種免許上の取得も可能なため、勤め先の選択の幅が日広がるといった点もメリットとしてあげられます。専門学校は最短2年で資格を得られるため、4年制大学と比べると毎日講義や実習が朝から夕方までしっかりと入っており、その講義の間を縫って現場実習にも出ないとならないというような凝縮されたカリキュラムとなっていますが、その分短期集中で徹底して勉強ができ、実習も早い段階から行われるために現場に出たときに即戦力として重宝される保育士になることが可能です。


また早くから現場に出て保育士として働くことができるためにキャリア形成もしやすく、昇給や昇格も十分に見込めるのが魅力といえます。

毎日新聞に関してはこちらのサイトをご覧ください。

在学中はタイトなスケジュールに過酷な現場実習なども重なるため辛い思いもするかもしれませんが、その経験は現場で働き始めたときに必ず力になりますし、振り返ったときに専門学校に通っていてよかったと思う日が必ず来ます。



子どもが好きでやりがいある仕事をしたい方は専門学校に通って保育者として活躍することが望ましいです。